やんちゃだったラッキーをしつけた3つの方法


こんにちは
早いものでもうお盆になっちゃいますね
ラッキーもそろそろ11歳になろうという所なんですが
いやー
チワワしか飼った事がない私は初めて芝犬を飼い 衝撃を受けました

なんなんだ この元気のよさは

小さな時からすごく元気がよくて 普通にチワワに体当たりしてましたから
チワワがすごく心配でしたよ

やはりそれだけ元気がいいといろんな事をやらかしてくれます
チワワにかみついたり 前回も書いた通りむだ吠えだったり
なにせ 2匹のチワワが凄くいい子だったので
ギャップをかんじましたね

さて
犬のしつけですが その前に皆さんは愛犬とどういう関係になりたいですか?
例えば 飼い主さんの言う事をきいて 飼い主の上に立とうとしない

いつでも仲良くじゃれあっていれればそれでいい
ようするにしつけはそれほど重要視していない
この2つに分かれます

犬を飼っている方がどれだけ犬のことを思っているか 考えているか わかりませんが 犬は言葉はしゃべれないですが 人間に凄く近い生き物だと私は思います
私は猿より犬の方が人間っぽいと思う事が多いですね
あくまで私の考えですが

人間にもしつけってありますが 同じしつけの
やり方をすれば みんな同じ人間になる訳ではありません
それぞれ個性があり性格も生きてる環境も違います
だからいろんな人がいます
簡単に言えば同じ人はどこにもいません
あたりまえですね

犬も同じです
私の飼っている柴犬のラッキーと野良犬が同じかといったら全く違うと思います

なので今回の話しはあくまでラッキーの事
参考になれば幸いです

ラッキーのしつけ
1. 1週間 無視する

これはラッキーがチワワのスキップに噛みついた時の話です
どんな理由があろうと 噛みつく事は ゆるされない です
嫉妬なのか? 食べ物の取り合いなのか?
そこで無視作戦にでました
今までいつでもかまってくれていた人が 急に
無視しはじめたらどうでしょう
最初は 気のせいかなーなんて思いますが それが
毎回になってくると だんだん静かになってきます
これは 人間も同じです

やり方は簡単です
飼い主は外から帰ってきても 目も合わせず 声もかけず 去っていく
ごはんの時も エサだけポイッておくだけ
ごはんの前に伏せだのお手などしない
当然散歩もなし
こんな感じで1週間続けます
後半になってくるにつれて だんだん暗〜くなっていきますから よくわかります
1週間たったら 元に戻して下さい
その時の犬の反応は 微妙に喜び 微妙に暗いかんじです
どうしたらいいか分からないのでしょう
犬も二度と無視なんてかんべんなんでしょう
凄くいい子になりますよ


2. ガマンをさせる練習
犬は動物なんだから とかペットだからとか言ってると 犬は普通に人間をなめてしまいます
人間も犬も同じです
ガマンする時はガマンする
遊ぶ時は遊ぶ
これを犬に教えます
簡単に言えばわがままを通さないって事です
散歩だっていけない日はありますよ
それでも平常心でいられる犬にするのです
今のラッキーは散歩で玄関から外に出た時
たくさん雨が降っていると 散歩に行こうとしなくなりました

ちなみにチワワのスキップは散歩が嫌いなんです
小さな時からそうなんですが 世の中には散歩が
嫌いな犬もいるという事です




3.外出する時、遊びに行く時以外は留守番をさせる
私からすればお留守番がしっかり出来ればもう大丈夫
家でおとなしく留守番ができるか家がぐちゃぐちゃになってるか
それだけなんですが
ラッキーも留守番が出来るようになって 落ち着きが出てきました
今では家に着くと玄関で待ってくれています



まとめ
しかしここまでのラッキーにしつけるには
けっこう時間かかりました
今では本当に落ち着いているので 凄く助かっています
しつけはああしなさい こうしなさいと言われますが 自分流でいいと思います
大事なのは飼い主さんと愛犬の仲なのですから


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村